一般財団法人武蔵野市給食・食育振興財団
メインメニュー

給食・食育振興財団とは

HOME >  給食・食育振興財団とは >  理事長あいさつ

理事長あいさつ

地産地消による食育で子供たちの成長を支援する

「食べる」ことを「より良く生きる」ことにつなげたいものです。バランスある栄養摂取はもちろんのこと、「食べられる理由」を考え、「食材の生産」を知り、「食の選択」ができて、調理をはじめ「農場から食卓までの体験」にかかわることが人生において大切なのです。

これまでも武蔵野市の給食と食育は充実したものでした。これを基盤に一層の飛躍を目指したい、これが「武蔵野市給食・食育振興財団」設立の理由です。 給食の充実はここで紹介されているとおりです。さらに「地産地消」による食材の増加と食育の向上も加えていきたい。「食育」は幅が広いですが、なかでも「食の体験」によって子供たちの対応力を強め、感性を向上させていくことに寄与していきたい。 食の体験とは、食材から食卓メニューまでのどこかにかかわる意義と楽しさを知るということです。

当財団は、武蔵野市の児童と生徒が自立した立派な人生を送れるように、命をつなぐ「食」の側面から支援することを目的としています。

一般財団法人 武蔵野市給食・食育振興財団
理事長 佐々木輝雄